対応車両について

新エコカー減税は、前のエコカー減税と差程変わりません。もちろん、新しく追加されていることも多くありますので上手く利用すると良いですね。

 
そして新エコカー減税の対応車両ですが、このようになっています。電気自動車は、普通に対応車両になっていますね。これは二酸化炭素を出さないのでかなりエコでしょう。そして、プラグインハイブリッド車というのがあります。基本的には電気自動車と同様の減税をすることが可能となっています。そして、他にもクリーンディーゼル車もまた、これらと同じような現在をすることが出来るでしょう。だから、これらの自動車を購入して新エコカー減税を利用してみると良いですね。

 
そして、ガソリン車(ハイブリッド車も含む)の減税ですが、平成27年の燃費基準を0~20%を達成している自動車が現在対象となります。燃費基準が多ければ多いほど減税量が増えていきます。ただし、最高20%までなのでそれ以上でも減税は増えません。また、対象車両の装備によっては更に減税をすることが出来る場合もあるでしょうね。

 
このように新エコカー減税に対応している車両があります。これを目安にエコカーを手に入れて新エコカー減税を利用すると良いでしょう。